「産経新聞」

2014.09.02 お知らせ報道

広島土砂災害 傷ついた心に寄り添って
―精神対話士活躍 被災者の表情緩むー

広島市の土砂災害発生から2週間経過し、避難所では慣れない暮らしが長引き、
心の痛みやストレスが増す中、精神対話士が被災者への心のケアの活動を続けている。
避難所側は、「避難者と行政の橋渡し役なってくれれば」と精神対話士の活躍に期待を
寄せている。

«報道一覧へもどる

 

ニュース

『こころを癒す「精神対話士」精神対話の力で乗りきる認知症』が出版されました

2023.01.10 お知らせ

富山県の皆さまへ

2022.12.29 お知らせ

「孤独・孤立相談ダイヤル #9999」年末年始試行に全国の「精神対話士」が参画し対応

2022.12.23 お知らせ

協会機関紙「I.I. MECA」 vol.96発行

2022.11.28 お知らせ協会機関紙 「I.I. MECA」

「孤独・孤立相談ダイヤル #9999」12月試行に全国の「精神対話士」が参画し対応

2022.11.22 お知らせ

カテゴリー
アーカイブ