「毎日新聞」

2013.04.01 お知らせ報道

「毎日新聞」

自主避難者 批判に苦悩―第三者、心のケアを―

東日本大震災による自主避難者は、非難を受けることもあり、震災から2年を経てますます肩身の狭い思いをしている。避難者が多く暮らす東京都にある「東雲住宅」では、心のケアの専門家「精神対話士」による相談会が定期的に開かれている。対応する対話士は、「時が経ち、悲しみや不安が出てくる。被災者の思いに耳を傾けることが必要」と指摘する。

«報道一覧へもどる

ニュース

『こころを癒す「精神対話士」精神対話の力で乗りきる認知症』が出版されました

2023.01.10 お知らせ

富山県の皆さまへ

2022.12.29 お知らせ

「孤独・孤立相談ダイヤル #9999」年末年始試行に全国の「精神対話士」が参画し対応

2022.12.23 お知らせ

協会機関紙「I.I. MECA」 vol.96発行

2022.11.28 お知らせ協会機関紙 「I.I. MECA」

「孤独・孤立相談ダイヤル #9999」12月試行に全国の「精神対話士」が参画し対応

2022.11.22 お知らせ

カテゴリー
アーカイブ