「北日本新聞」

2012.03.25 お知らせ報道

精神対話士サロン訪問                                                                                                  -県内避難者に寄り添い-

東日本大震災を受けて富山県内に避難している人たちをサポ-トしようと、対話を通じて心をケアする精神対話士たちが、富山大学五福キャンパスで開かれた「東日本コミュニティサロン」を訪れ、避難者に寄り添い、耳を傾けた。精神対話士らは、被災者と話をしたり、子どもたちと絵を描くことを通じ、「見知らぬ土地で孤立してしまう人もいると思う。人と話す場を作ることが大切」と語っている。

«報道一覧へもどる

ニュース

『こころを癒す「精神対話士」精神対話の力で乗りきる認知症』が出版されました

2023.01.10 お知らせ

富山県の皆さまへ

2022.12.29 お知らせ

「孤独・孤立相談ダイヤル #9999」年末年始試行に全国の「精神対話士」が参画し対応

2022.12.23 お知らせ

協会機関紙「I.I. MECA」 vol.96発行

2022.11.28 お知らせ協会機関紙 「I.I. MECA」

「孤独・孤立相談ダイヤル #9999」12月試行に全国の「精神対話士」が参画し対応

2022.11.22 お知らせ

カテゴリー
アーカイブ