ニュース・報道・日本精神対話学会

「長崎新聞」

16.08.03
‐あの人この人‐欄
聞くことが癒しに
―精神対話士の資格を取得した清水美由紀さん―
 
 長崎県大村市で初めて誕生した精神対話士 清水美由紀さんへのインタビュー。
 父の看病をする中、精神対話士の必要性を痛感、「相手の答えを黙って待つ時間が大切。話を聞くことで元気をもらえることもある」、「今度は熊本地震の被災地でも活動したい」と抱負を語っている。
 
20160826101351_00001.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  

 

«お知らせ一覧へもどる