ニュース・報道・日本精神対話学会

「日本経済新聞」

16.06.08

遺族女性、精神対話士に

 -苦しむ人の力に-

  付属池田小事件の遺族である本郷由美子さんが精神対話士として東日本大震災の被災者など、心のケアが必要な人に寄り添う活動を続けている。「悲しみが薄れることはないけれど、苦しむ人の力になりたい」と前向きに生きていくことを誓っている。

 20160810094144_00001.jpg

 

«お知らせ一覧へもどる