ニュース・報道・日本精神対話学会
HOME > ニュース・報道・日本精神対話学会 > お知らせ > 第11回日本精神対話学会研究論文募集要項

第11回日本精神対話学会研究論文募集要項

16.06.01

精神対話士とその活動に関心を寄せられる方から、精神対話士の意義や役割について、論理的で実践にも即した研究論文を募集いたします。
メンタルケア・スペシャリスト養成講座や精神対話士研修会などにおいて修得された知識、技能などを基盤として、次の要領により応募くださるようご案内いたします。
提出いただいた研究論文は、研究論文集として取りまとめます。

 

研究論文課題例
・「精神対話士の聴く技術の本質」
・「精神対話士が人の弱った心を癒す仕組みを人間の本質から迫る」
・「心のケアについて、福祉的理念と精神対話士のモラルとの連関」
・「引きこもりに関して、対話を通して傾聴、共感、受容といった基本
   的な関わり方のほかに考えられるアプローチの方法」
・「より良い人間関係を築くための対話」  ほか

◇応募資格
・精神対話士
・精神対話士以外の方(特別会員登録をした上で応募いただくことになり、手続きにつきましては学会事務
  局あてにお問合せください)


◇作成方法
 ①A4サイズ、横書き、3200字以上、パソコンにより作成(Microsoft Word 推奨)
 ②1.課題名(タイトル、サブタイトル)、2.顔写真、3.精神対話士登録番号(または特別会員番号)・
     氏名、4.本文(図表、写真など挿入可)の順番で記載(貼付け)
 ③脚注を付すときは、「アスタリスク(*)+洋数字」(例「*1」)を用い、注釈、説明は本文末に
     一括して記載
♢ 研究論文の書式設定等(抄録については学会事務局の責任編集といたしますので、通常のテキスト
    データをお送りください)
 

  1)用紙サイズA4版 縦向き 横書き 余白 天35㎜ 地30㎜ 左右30㎜
  2)行数40 行送り16.4ポイント 文字数42 文字送り10.1ポイント
  3)タイトル16ポイント MS明朝 サブタイトル10.5ポイント MSゴシック
  4)顔写真 横20㎜ 縦23㎜ 正面脱帽上半身 カラー 最近3ヵ月以内に撮影(共同執筆、作成の場合
        は人数分)写真の電子データを課題の次に貼付け(写真右端が用紙右端から30㎜、天から原則と
        して65㎜の位置) 貼付けが困難のときは写真1枚を提出(裏面に氏名を記載)
  5)番号・氏名10.5ポイント MS明朝 見出し11ポイント MSゴシック
    本文10.5ポイント MS明朝
  6)サブタイトルから番号・氏名まで6行(共同執筆、作成のものを除く)
    番号・氏名から見出しまで3行
  7)各人のページ番号記入設定は不要

 ④以上本編のほかに、400字以内の「抄録(概要)」とポスターセッション用ポスターを作成
 ⑤ポスターは、A1版用紙(縦594㎜横841㎜)2枚以内に、1.課題名、2.精神対話士番号
  (または特別会員番号)、3.氏名、4.内容(本文の要約、図表、写真など挿入可)の順序で記載
  (縦書き、横書き何れも可)

 ♢ ポスターセッション不参加、学会不参加(何れも研究論文のみ提出)の場合はポスターの提出は不要
     で、推奨論文賞受賞研究論文および研究分科会課題の選定対象外となります。

⑥研究論文の共同執筆、作成も可とします。

 
◇提出方法
次の4点を角形2号封筒(A4サイズ)に封入して学会事務局あてに送付
①A4版用紙に印刷した研究論文本編と抄録 各2部
②ポスターセッション用ポスター(送付用封筒に収まるサイズまで畳む)
③最近3ヵ月以内に撮影した写真(電子データ化された場合は不要)
④研究論文本編、抄録、(写真)を内蔵したCD-RまたはUSBメモリー)


◇留意事項
・バックアップをお手許に保存ください。
・メモリーを含めて提出物は返却いたしません。

◇提出期限 
 平成28年10月13日(木)必着


◇発表                                                                                                                                                                               
  ①提出いただいた研究論文全てについて研究論文審査委員会が査読、審査を行い、9編
  の推奨論文賞受賞研究論文を選定します。
 ②推奨論文賞受賞研究論文9編について学会発表を行います。
 ③提出された研究論文についてポスターセッションを開催し、ポスターを貼付して自由
  討議を行います。
 ④研究論文集、研究論文抄録集、学会発表、ポスターセッションにより、研究論文の中
  から研究分科会の課題として希望するもの1点に投票します。
 ⑤投票の結果、推奨論文賞受賞研究論文の中から上位3点、その他の研究論文の中から
  上位1点(推奨論文賞受賞研究論文に繰入れる)、計4点を研究分科会課題に選定し
  ます。(同点のときは精神対話士登録番号の若い順、特別会員番号の若い順に選定し
  ます)
 ⑥提出いただいた研究論文、抄録は、原則として原文のまま「第11回日本精神対話
    学会研究論文集、抄録集」に掲載して公表する予定です。
 ⑦研究論文の著作権は、一般財団法人メンタルケア協会の帰属とします。
 ⑧研究論文集は、国立国会図書館に保管・保存されます。


問合せ先 

日本精神対話学会事務局

   150-0001 東京都渋谷区神宮前2--8 

                    カーデ青山201 一般財団法人メンタルケア協会内

      TEL 03-3405-7270 FAX 03-3405-8580

    E-mail:mcc@mental-care.jp 

      (協会Eメールと頭3文字が異なりますのでご注意ください 学会「mcc」)

    http://www.mental-care.jp/

«お知らせ一覧へもどる