ニュース・報道・日本精神対話学会

「中国新聞」

15.11.13

聞いて話して心のケア

―精神対話士の資格取得―

 

山口県岩国市の仁田富子さんが、不安やストレスを抱えた人に寄り添い、対話を通じて心のケアする「精神対話士」の資格を取得した。受講後、「発言を否定せず、ひたすら聞く大切さが分かった」と話す。「情報関連機器が発達する一方、人々の結び付きが薄れ、孤立する人が増えている気がする、だからこそ、目の前でしっかり気持ちを 受け止めてくれる相手が必要なのではないか」と強調する。

 

中国新聞.jpgのサムネール画像

«お知らせ一覧へもどる