ニュース・報道・日本精神対話学会

「日刊県民福井」

14.10.25
心のケア専門家養成へ
― 連合福井 予防に重点―
 
職場でのいじめや、過重労働などで「心の健康」を損なう労働者が増加傾向にあるのを受け、連合福井は予防支援対策として「私たちが働く職場からはメンタル不調者を出さない」をモットーに掲げ、メンタルケア協会認定の心のケアの専門職「メンタルケア・スペシャリスト」を育成し、本格的にメンタルケア事業をスタートさせる。復職支援も含め各職場において効果を目指す。
 
kenmin_fukui.jpg

«報道一覧へもどる