ニュース・報道・日本精神対話学会

第5回学会研究論文募集要項

08.06.01

精神対話士とその活動に関心を寄せられる方から、精神対話士の意義や役割について、理論的で実践にも即した研究論文を募集いたします。
 メンタルケア・スペシャリスト養成講座や精神対話士研修会などにおいて修得された知識、技能などを基盤として、下記の要領によりご応募くださるようご案内いたします。

研究論文課題例

・「精神対話士が人の弱った心を癒す仕組みを人間の本質から迫る」
・「心のケアについて、福祉的理念と精神対話士のモラルとの連関」
・「引きこもりに関して、対話、傾聴、受容といった基本的なかかわり
  方のほかに、考えられるアプローチの方法」
・「より良い人間関係を築くための対話」  ほか

応募資格

①精神対話士
②精神対話士以外の方:精神対話学会の特別会員登録をした上で、応募いただくことになります。手続きについては、メンタルケア協会内精神対話学会事務局あてお問合せください。
なお、特別会員は、学会への参加もできます。

研究論文の作成方法

黒色・横書き 本文は3200字以上
課題、精神対話士番号(精神対話士以外の方は特別会員番号)・氏名に続き本文ページ番号を付して左上をホチキス留め
手書き、ワープロなど何れも可

研究論文の送付先(郵送に限る)

〒107-0061 東京都港区北青山2-11-10 青山野末ビル102
         財団法人 メンタルケア協会内 精神対話学会事務局

◆ ワープロなどで論文作成された方は、印字された用紙とフロッピー
    ディスクをご送付ください。

◎ 写真 1枚(最近3ヵ月以内のもの:論文集に掲載用)を同封して
  ください。
カラー 正面脱帽上半身 縦2.7cm・横2.7cm  裏面に氏名を記入

締切

平成20年6月30日(月)必着

発表

応募いただいた研究論文の中から、審査委員会が優れたものを選定し、平成20年9月開催の『第5回日本精神対話学会』において表彰いたします。当日これを発表していただき、研究分科会課題といたします。
また、応募いただいた研究論文は、「第5回日本精神対話学会論文集」として公表する予定です。

* 研究論文の著作権は、メンタルケア協会の帰属といたします。

«日本精神対話学会一覧へもどる