精神対話士とは
HOME > 精神対話士とは > 精神対話士とは

精神対話士とは

心の訪問ケア(アウトリーチ)の専門職「精神対話士」

孤独感や寂しさ、心の痛みを感じている人(クライアント)に寄り添い、暖かな対話を通して気持ちを受け入れ共感し、人生に生きがいを持ち、よりよい生活を送れるよう精神的な支援を行う心の訪問ケアの専門職です。

精神対話士が対象とする方は、高齢者、病人、引きこもりの人、対人関係で落ち込んでいる人、介護に疲れた人、事故や震災の被災者、重病患者をはじめとする病人、ホスピスの入居者、学校生活や職場で精神的ストレスを感じている人など多岐にわたります。そうした心のケアを必要とする人々に、薬の処方や精神療法といった医療行為を行うのではなく、暖かな対話を通して心の重みを軽くし、生きる希望を見い出すお手伝いをします。クライアントが希望する場所に精神対話士が出向き、対話を通して心のケアサポートを行うのも特徴です。

精神対話士とは、一般財団法人メンタルケア協会が認定する資格で、資格取得の道は多くの方々にオープンに開かれています。受講・受験に際して年齢、学歴、職歴などは不問で、これまでにも学生から定年退職をされた年配の方や高齢者までが受講し、資格取得を実現されています。

精神対話士(定義)
社会および家族関係の変化に伴って起こる人間関係の希薄化現象に注目し、物質的な豊かさだけでは埋めることのできない 人間の心の寂しさ、孤独感を、心に寄り添い専門的な知識と技能に基づく「暖かな対話」で和らげ、生きる希望と勇気を与え、これからの人生に生き甲斐を持ち、よりよい生活を送れるよう精神的な支援を行う『心の訪問ケア(アウトリーチ)の専門職』です。

精神対話士とは、当協会が派遣業務(メンタルデリバリー)を委託している方に付与する資格で、 報酬を得て活動を行います。

精神対話士が誕生した背景

メンタルケアの担い手を養成し、心のケアを必要とする人に対する支援を実践することを目的とする財団法人メンタルケア協会は、平成5年(1993年)9月に、慶應義塾大学医学部出身の医師たちが中心となって設立しました。

精神対話士という資格確立のきっかけは、主には「対話の持つ力」に着目したことでした。人は抱えている悩みを誰かに聴いてもらうと、気持ちが軽くすっきりとします。「そうだったんだ。辛かったでしょう?」と共感してもらいながら話すことで、自分の心をまっすぐに見つめられるようになり、心の整理ができ、問題解決につながることさえあります。

それを反映するかのように、セラピスト、カウンセラー、精神科医など「心」を扱う資格が世の中に浸透し、そうした資格に携わる人々の数も増え続けています。しかし、抜け落ちていた資格があったのです。「人の心に寄り添い、暖かな対話を通して心を軽くするお手伝いをする」資格。それまで「話を聴く専門家」がいなかったのです。そこで財団法人メンタルケア協会は、精神対話士という専門職を確立し、真心を込めた対話によって人を癒すという日本初の心理職の資格を誕生させたのです。

協会設立当初、まず「メンタルケア・スペシャリスト養成講座」を開設しました。この講座の目的は、一般の人々に対話の重要性を知ってもらうことと、生きがいを失いかけた人たちに寄り添い、生きる意味を一緒に感じとっていく人を育てていくことでした。しかし、「いつでも、きちんと相手の悩みに耳を傾ける」ことは簡単ではありません。意欲以外にも話を聴く技術や専門的な知識も必要です。

そこで協会では、そうした専門知識の一つとして不可欠な学問とみなされ始めていた「死生論」を取り入れたり、また独自の研究も行ない「聴くプロフェッショナル」のためのバックグラウンド作りに専念していきました。「メンタルケア・スペシャリスト養成講座」を修了した受講生の中から「聴くプロフェッショナル」である「精神対話士」を選考し、専門資格として認定し、クライアント先に派遣する事業を行うようになったのです。

精神対話士は、一般財団法人メンタルケア協会が開催する「メンタルケア・スペシャリスト養成講座」の基礎課程と実践課程を受講・修了し、「精神対話士の選考試験」に合格した方に資格証が発行され、協会の派遣依頼によりクライアントの希望する場所へ赴き、報酬を得て活動を行ないます。精神対話士は、定期的に行なわれるフォローアップ研修を受講し、また 「精神対話士資格証」は5年に1度更新手続きがあります。